お部屋を綺麗にして良い気ためてみませんか?



トップ > 家電クリーニング > エアコンクリーニング(一般用) > フィルター掃除機能付き

フィルター掃除機能付クリーニング

エアコンフィルター掃除機能付クリーニング

【重要】
フィルター掃除機能付きのエアコンクリーニングでは、フィルター掃除機能を外さないで作業する業者さんもいますが、後々のトラブルの元ですし、お客様が望まれる結果にはなりえないと考えますので、きちんと外して作業してくれるところ
(例えば「すっ綺り~ん」とか)を探しましょう。

掃除機能付きでもエアコンは汚れます

ほこり詰まっている フィルター掃除機能は、一言で言うと優しくない機能です。
実際にもフィルター表面上のほこりを取ってくれるだけです。
お客様の中には、なんでもやってくれる素晴らしい機能だと勘違いされる方が多いのはどうしてなのでしょうか・・・。

フィルターについた乾いたほこり程度で、しかも少量なら、この機能は非常にありがたいものだと思います。

しかしながら、エアコンには、冷房・除湿を使えば、部屋の中の水分が付着し、キッチンからの油煙や、仏壇からの線香の煙、人間がいればそこからの皮脂汚れなどが接着剤効果でほこりをくっつけてしまい、そもそもフィルター自体も目が細かくなっており、使えば使うほど目詰まりしてしまいます。

フィルター掃除が終わると、冷房・除湿運転の後はカビ防止のために、乾燥運転もするような設定がある(ほとんどの方は知らないので、無効になっていることが多い)のですが、目詰まりしていると空気がスムーズに流れないため乾燥されず、カビが生えやすくなります。

ほこり詰まっているフィルター掃除機能は
①フィルター表面上のほこりをブラッシングしながら、もしくはした後に、直接吸引して、外に排出するタイプと、
②フィルター表面上のほこりをフィルターもしくはフィルター掃除機能部分が動いて、ダストボックスに貯めて定期的にお客様が捨てるタイプ2つに分かれます。

この説明だけで見ると、①タイプのほうが、手入れなしで良さそうに思えるのですが、吸引する経路(吸引口・配管など)・吸引するファンが目詰まりしやすく、そうなった場合、動作だけはするのですが、実際は何もできておらず、フィルター表面上のほこりは貯まる一方で、その貯まったことはお客様がご自身で確認する以外方法がないため、「なんかおかしいな?」と思ったときは、エアコン内部は汚れに汚れてしまいます

我々普段分解作業に接している人間には難しくないことですが、滅多に触らない人には、②タイプでも「下手に触ると壊しそう」と敬遠してしまいますし、エアコンを設置した人が、「触らないほうがいいですよ」とか、「触る必要はありません」などの誤情報を伝えるケースも少なくないようです。そのため、お手入れをされる方は少ないのが実情です。

せっかく便利な機能がついているのに矛盾しているように思えますが、フィルター掃除機能付きエアコンへはほこりがいかないように、こまめにエアコンの周りをキレイにすることが大事です
ましてや、キッチンからの油煙や仏壇などから来る線香の煙が吸込まれやすい設置場所だったり、お客様がお部屋の中でタバコを吸う環境だったり、西日が当って冷房温度を極端に下げる、もしくは24時間運転しっぱなしの状態では、フィルター掃除機能がついていないエアコンでも汚れてしまいます。

結局のところ、どんなエアコンでもこまめにフィルター表面上のほこりを取ったりしながら、うまく付き合っていくしかないのです。



クリーニングの効果

下記のような改善効果が生まれます。
1.いやなにおいがなくなります。
2.動作音が静かになります。
3.冷暖房の効きがよくなります。
4.そのため、電気代が下がります。
5.エアコン内部からの水漏れが治ります。
6.綺麗なエアコンで部屋の空気を循環させるので、部屋が綺麗になります。
7.総じてエアコンの寿命が伸びます。

室外機クリーニングは、ほとんどの一般家庭では必要ないと考えていますので、こちらから施工を薦めることはありません。必要ないのに無理に薦めてくる業者さんもいるので気をつけましょう。

大事なのは、クリーニング後です。いかに綺麗な状態を維持できるかは、お客様の日々に努力によります。
そこで日常的にエアコンを快適に使用できるポイントを下記にまとめてました。

エアコンを快適に使用するために



こういう設置環境では分解作業が困難です

作業するための前提条件というものがあります。

  • リモコンがあり、そのリモコンで動作できること
  • エラーが発生しないこと
  • 夏場でしたら冷房、冬場でしたら暖房が正常に動作すること
  • 異音・振動がないこと
  • フィルター掃除機能付きの場合、手動で動作確認して異音がせずフィルター掃除機能が正常に動作すること
  • 設置環境が作業するのに適していること

エアコンの取り付けは、最短で作業できることが最優先になっており、後々のメンテナンスのことを考えてつけられていないケースが多いです。大手の家電量販店さん経由の場合も同じです。
ほこり貯まっている特にフィルター掃除機能付きエアコンですと、設置環境が良くない場合、部品が外れない、もしくは作業が困難なため作業をお断りするか、室内機を降ろしての作業になります。

このフィルター掃除機能を外さずにそのままクリーニングする業者さんもいるようですが、汚れがきちんと落ちないばかりか、故障のリスクはぐっと上がります。
困るのは今後使用するお客様ですので、フィルター掃除機能を外してクリーニングする業者さんに依頼しましょう。

実際のダメな設置例

ダメな設置例

なぜこのようなことになるかと言えば、設置する人が理解していないからに尽きると思います。これからエアコンを設置を依頼する場合は、このようなことを理解した上で業者さんに設置してもらうと、お客様も助かります。またこのようなケースの場合、お客様はあきらめてクリーニングを断念するか(設置年数や年式によっては買い替えの検討される)、フィルター掃除機能を外さないでやってくれる業者さんに依頼するかになるのですが、設置して日が浅いとか、取り付けた業者さんが家電量販店さんだったり、事情を説明して無料で設置位置変更してくれる場合、ひとまず連絡してみましょう。

最悪な設置例

最悪な設置例

Panasonic、日立はコネクタが外しづらいので、右壁との5cm以上の隙間が必要ですが、他のメーカーは3cmでも大丈夫な場合があります。
ただ、ダイキン、富士通ゼネラルなどの機種によっては、天井との隙間が10cmほどないと、フィルター掃除機能が外れない場合があります。

残念ながら、エアコン設置してくれる業者さんは、その後のメンテナンスのことまでは考えてくれません。取り付けたということと、無事に動作すればそれでおしまいです。
最後には困るのはお客様ですので、少子高齢化の技術者不足の社会では、今後もこういったことは増えていくと思います。矛盾しているようですが、お客様自身がこういった知識を持って、後々問題が起きないようにするしかないと思います。

クリーニング概要

《エアコンクリーニング(一般用) 通常分解洗浄》
清掃エリア ● カバー(取り外して洗浄)
● フィルター(取り外して洗浄)
● ルーバー(取り外して洗浄)
● フィルター掃除機能(取り外して洗浄)
● 熱交換器
● 送風口(内部のシロッコファンなど)
● ドレイン配管詰まり除去
を含む エアコン一式
作業時間1台 2~3時間/1人
作業料金標準価格 ~10,000円(税別)

《エアコンクリーニング(一般用) 完全分解洗浄》
清掃エリア ● カバー(取り外して洗浄)
● フィルター(取り外して洗浄)
● ルーバー(取り外して洗浄)
● フィルター掃除機能(取り外して洗浄)
● 熱交換器
● シロッコファン(取り外して洗浄)
● ドレンパン(取り外して洗浄)
● 送風口など内部
● ドレイン配管詰まり除去
を含む エアコン一式
作業時間1台 3~4時間/1人
作業料金標準価格 ~12,000円(税別)
  • メーカー(ダイキンなど)・機種によっては、ドレインパン・シロッコファンの取り外しが、室内機を降ろさないとできない場合があります。その場合、別途見積もりとなります。
  • フィルター掃除機能付きの種類によって、価格は変わりますが、前述の標準価格より上がることはありません。
  • 取り外した部品を洗浄するため浴室・ベランダをお借りしますので、ご了承ください。
  • 基本は室内機のみのサービスですが、室外機の設置場所が作業的にいい場合に限り、簡易清掃もサービスさせて頂きます。

すっ綺り~ん

◎ 壁掛けタイプ・フィルター掃除機能付き

富士通ゼネラル・通常分解
National・完全分解
東芝・通常分解
Panasonic・通常分解
日立・通常分解

続きを見る

富士通ゼネラル・通常分解