すっ綺り~ん 鹿児島 すっ綺り~ん

トップ > 電化製品クリーニング > エアコン(一般用) > パナソニック・CS-GX365C

パナソニック・CS-GX365C-W/徹底分解クリーニング

2021年5月製造から約4年のエアコンの室内機、パナソニック・CS-GX365C-W(2016年製)をファンまで外して徹底分解クリーニングした作業記録です。

エアコンを活用しての室内干しは、洗濯物が乾燥する際に、見えない繊維が飛んで、写真のようにエアコンを汚します。ここまで汚れると室内機を壁から降ろしての完全分解クリーニングがベストとなりますので、室内干しはやめたほうがいいです。

クリーニング前

CS-GX365C
施工前の室内機です。

CS-GX365C
前面パネルを開けた状態。

CS-GX365C
ファンまで外した熱交換器です。

CS-GX365C
送風口です。

CS-GX365C
分解して外した部品です。フィルターが茶色くなっているのは油汚れです。

CS-GX365C
ファンとドレインパン。

CS-GX365C
フィルターと掃除ユニットです。

クリーニング後

CS-GX365C
ほこりの付着がすごく、60リットル近く洗浄してやっと綺麗になった熱交換器です。

CS-GX365C
送風口です。綺麗になりました。

CS-GX365C
分解して外した部品です。綺麗になりました。

CS-GX365C
ドレインパンとファンです。

CS-GX365C
汚水です。

CS-GX365C
元に戻して、前面パネルを開けているところです。

CS-GX365C
 すっ綺り~ん 鹿児島 洗浄作業が終わったら、洗浄した部品の水分を乾燥させた上で、元に組み立て、動作確認と平行で、後片付けをします。

その後、
設定温度はエコ設定温度(冷房なら28℃、暖房なら20℃)に変更、
冷房・除湿後の乾燥設定を有効にして、
その他エアコンの綺麗を維持するためのアドバイスをして、
お客様に引き渡します。

詳しくは、エアコンを快適に使用するためにもご覧ください。

 すっ綺り~ん 鹿児島